めきぞBOX

たったの2分58秒で読める日常のなるほど情報サイト

展覧会の感想

高御座と御帳台の一般公開について混雑状況と感想レビュー

投稿日:

東京は上野の東京国立博物館で特別公開されている「高御座(たかみくら)と御帳台」を見てきました。そのレポートや混雑状況を語ります。

スポンサーリンク

国民の祝日になった「即位礼正殿の儀」とはなんぞや。そのおさらい

簡単に言うと、天皇が即位することを宣言する儀式です。

「即位礼正殿の儀」は、天皇の即位にともなう一連の儀式のうち、天皇が即位を公に宣言し、これを国内外の代表が祝う儀式。

そして今回の特別公開

この度の特別公開では、即位礼正殿の儀で用いられた高御座・御帳台と威儀物を一般参観に供するとともに、即位の礼の諸儀式の写真と、装束姿を再現する人形を展示します。

パンフレットより

混雑はあり、でも列はスムーズ

正月三が日の三日目に行きましたので、やはり混んでいました。14時半ごろは50分待ちとの表示がありました。しかし実際は30~40分ぐらいで入場できました。

流れはスムーズでしたので、若冲展などに比べれば、混雑レベルは軽いです。16時頃だと空くので、閉館1時間前を狙う手も有りです

写真撮影は可能です。ただしフラッシュは不可です。

撮った写真は個人利用のみ。よって残念ながら?、この記事に載せることができません。たぶん。

しかし、およそ10ページのパンプレットがもらえるので、高御座を大ざっぱに撮るだけなのであれば、パンフレットで事足ります。詳しい説明も載っています。良い資料です。パンフレットの裏表紙には、「御即位図 江戸時代18世紀 東京国立博物館蔵」の絵の一部が載っています。江戸時代も同じようなことをやっていたことがわかります。

館内のレストランやミュージアムショップの利用は不可です。

レストランだけなら良いのでは?とも一瞬思ったのですが、やっぱりダメですかね。嘘で常設展示の本館へ入ろうとするとチェックを受けます。悪さはしないよう、きちんと640円払いましょう。1月13日(月)まで長谷川等伯の国宝見れます。

スポンサーリンク

感想レビュー

見るものを圧倒させるような雰囲気はないです。神様の世界って感じでしたね。神殿という感じ。明るくてきらびやか。キリストや仏教のような雰囲気はないです、あたりまえですが。

中国や朝鮮の影響をうけていることも感じました。やっぱり東アジア三カ国仲良くしなければいけませんよ。

展示されていたのは大正天皇即位のときに作られたものですから、それなりに歴史あるものかと思えばありがたい展示でした。

実際これであの天皇皇后さまがいたんだという感慨と、元号が変わったんだという証拠の意味でも、これを一般公開することは良いことですね。

ガラス張りの展示

がっかりした唯一の点は、展示がガラス張りだったことです。動物園のパンダをみるのと同じようなガラス張り風景。近寄って見ることができると思っていただけにすこし残念。

ホコリだらけになるからでしょうか。多数の人が見に来るわけですし、無料ですし、致し方ないのかもしれません。ホコリや汚れ対策の費用がかかるのであれば、100円だったら払ってもいいかも?。

本館などは行かず、この高御座だけ観覧するだけでしたら「無料」なので、家族サービス、デート、暇つぶし(?)にはちょっとしたお出かけ先としても、おすすめです。

というわけで東京国立博物館にて公開は1月19日まで。

東京の次は、2020年3月1日~22日に京都御所で公開されます。

スポンサーリンク

-展覧会の感想

執筆者:

関連記事

(感想)「円山応挙から近代京都画壇へ」展を見に行ってきました

2019年8月下旬の土曜日に、東京芸術大学大学美術館で開催されていた「円山応挙から近代京都画壇へ」を見に行きました。どんな展覧会だったのか、そのレポート・感想を述べていきます。 スポンサーリンク

ゴッホ展(2019-2020年)の鑑賞レビュー。やっぱり混雑していましたけど満足という話

東京の上野の森美術館でゴッホ展が開催中です。さっそく見に行ってきましたので、そのレビューです。鑑賞のポイントとともに、この時点の混雑状況も合わせてお話します。 スポンサーリンク 目次1 ゴッホだけでな …

(感想)東京都美術館での奇想の系譜展で見た7つの注目作品とは

2019年の春に東京都美術館で開催された「奇想の系譜展」を見に行きました。 「奇想の系譜」とは、美術史家・辻惟雄氏によって書かれた美術書のことです。その本にかかれた奇想の画家とは、伊藤若冲・曽我蕭白・ …