めきぞBOX

たったの2分58秒で読める日常のなるほど情報サイト

パソコン

SSDのメリットとデメリットは?SSDが必ずしも完璧ではない理由

投稿日:

パソコンを買い替えようとして、ケーズデンキやヤマダ電機、ビックカメラなどの家電量販店のチラシや、インターネットで調べたりすると、「SSD搭載」という文字を目にします。

「SSD」とはソリッドステートドライブといい、データを保存する記憶装置のことです。

スポンサーリンク

メリットは?

SSDは、いままでのHDD(ハードディスクドライブ)よりもパソコンの起動や動作が速くなります。HDDではパソコンの電源をいれてから、使えるようになるまで数分かかります。しかしSSDのパソコンの場合は、速い機種だと、電源を入れてから30秒以内で使えるようになるのです。

HDDは衝撃に弱いというのが欠点です。HDDは磁性体を塗った回転盤に直接読み書きをするという仕組みです。駆動する部品でなりたっているという、衝撃によって破損しやすい構造なのです。

SSDには動く部品がなく、すべて半導体でつくられています。少々荒くあつかっても壊れる心配がありません。ですので、特にノートパソコンには最適です。持ち運ぶことが多いからですね。

スポンサーリンク

デメリットは

価格はHDDよりもSSDのほうが値段が高いです。

SSDが一般的になってきて久しいですが、なかなか理想的には安くなっていません。昔に比べたら確かにいくらか安くなっていますが、それでも割高感はあります。

海外でほとんど生産していて物価があがっていることや、作れる会社が少ないため価格競争になっていなく、独占的になっている、供給が需要に追い付いていない、などが理由と言われています。

SSDは、一度壊れると全滅状態になります。

データを完全にあきらめることになるのです。壊れる時は兆候がなくいきなり壊れます。

HDDは壊れても、データを救い出せる可能性はありますが、SSDの場合は、かなり難しいのです。

それを嫌がり、あえてHDDを選ぶ人もいます。最新のHDDは、SSDの速度に近いものもあります。HDDのみ搭載のパソコンがいまだに売られているのは、そういう危険性を考慮しているユーザーがいる、からなのです。SSDは完璧な記憶装置ではまだないのです。

たとえ治すにしても多額な費用がかかるでしょう。

よってSSDのみ搭載のパソコンを選ぶ場合に気を付けたいのは、常日頃データのバックアップがより重要になります。

おすすめは両方積み

おすすめなのは、SSDとHDDを両方搭載しているパソコンです。

Windows(基本ソフト部分)だけSDDにして、エクセルや写真などのファイルはHDDや外付けHDDに保存するというやりかたにすれば、SSDで全滅になるより、いくぶん救える可能性はある、ということになります。

いかかでしたか?SSDのメリットデメリットやHDDとの違いなど説明しました。パソコンの購入の際に、参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

-パソコン
-, , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

デスクトップのゴミ箱を削除してしまったので復元する方法

Windowsのデスクトップ上にあるごみ箱がどっかいってしまった経験がある人多いとおもいます。その原因ってわからないことが多いのでこれまたやっかいですが、とりあえず復活させたい人は多いでしょう。 「ご …

マウスのダブルクリックの速度を変える方法 #Windows10

マウスをダブルクリックしたつもりが、2回のシングルクリックになってしまうと悩んでいる高齢の方は多いと思います。クリックする速度が遅いために起こることですね。 実は、遅いクリックでもダブルクリックできる …

no image

Windows live メールの添付ファイルの場所はどこ?直接編集、上書きして閉じてしまったファイルを見つける方法

Windows Live メールで、受信したメールの添付ファイル、例えばエクセルをそのままダブルクリックして、直接開くとします。 それを編集や入力して、最後に上書き保存して閉じました。さあ困りました。 …

Windows7のサポートが2023年まで延長されるが個人のパソコンは?

マイクロソフトは突如、2019年の10月にWindows7のサポートを、全企業を対象に2023年まで延長すると発表しました。最初ちょっとびっくりして喜んだのですが、よく調べてみると注意点あります。まと …

パソコンを廃棄するとき、完全にデータ消去する方法

いらなくなったパソコンを廃棄したいが、そのまま廃棄していいのか?中身のデータが残っているが、どうしたらいいのかわからないという方が多いです。安心して廃棄することができる、もしくは廃棄しなくても良いやり …