めきぞBOX

たったの2分58秒で読める日常のなるほど情報サイト

健康

スマホ老眼の症状が出たときの改善や対策・予防の方法とは?

投稿日:

近年、スマホ老眼になっている方が多くなっています。物が見えづらいって、つらいですよね。

スマホ老眼は治したいし防ぎたいものです。しかし改善・予防する方法はあります。 今回はスマホ老眼を、改善したり、その対策や予防する方法をご紹介します。

スポンサーリンク

スマホ老眼とは

まず目には「目のレンズ」といわれる水晶体があります。その水晶体の厚さを調節しているのが毛様体筋(もうようたいきん)と呼ばれるものです。

スマホを長い時間で、しかもかなり近い距離で見続けているというのは、毛様体筋が働き続けているということになります。働き続ければ、やがて疲れてきます。

すると水晶体の調節ができない状態になるわけです。ということは、ピントが合わせることができなくなり、見えづらくなります。これがスマホ老眼です。若年性老眼とも呼ばれます。

水晶体は加齢によって固くなっていき、厚さが調整できにくくなるのですが、年齢が若いうちは柔らかいです。柔らかいのに調整がきかない、それがスマホ老眼というわけです。

そもそも老眼とは

老眼とは、毛様体筋が働くけども、水晶体自体が加齢で固くなってしまい、厚さの調整ができにくくなる状態で起こる目の症状です。

スポンサーリンク

以下の症状だったらスマホ老眼かも

スマホの使用時間が、1日で合計3時間以上で以下のような症状があれば、スマホ老眼が疑われます。

  • スマホを操作した後、周りを見渡すと、なかなかピントが合わない。
  • 近く(遠く)を見て、そのあとすぐに遠く(近く)を見ると、ピントを合わせるのに時間がかかっている。
  • 朝は大丈夫でも夕方だと物や文字が見えづらくなる
  • スマホの文字が、最近見づらくなった
  • 見えづらさと同時に、肩こりや首の痛みを感じるようになった。

生活習慣を正そう

  • 目とスマホの画面は、30から40㎝離しましょう。
  • 1時間に1~2回は遠くを見ましょう。
  • 帰宅後、目を温めると効果的です。
  • 仕事中はときどき目を冷やしましょう。目薬をさすといいでしょう。

ストレッチをしよう

右手を頭越しに左側頭部に当て、頭をゆっくり右にひいて倒します。反対側も同様に行います。

デスクワークの姿勢を改めよう

  • パソコンの画面と目は40cm以上離しましょう。
  • 視線はやや下向きになるよう、いすを調節しましょう。机も調節できると、なおいいですね。
  • 椅子に深く腰掛けましょう。
  • 椅子の背もたれには背を十分にあてて、足裏全体が床につくようにしましょう。

いかかでしたか? 今回は「スマホ老眼の症状が出たときの改善や対策・予防」について紹介しました。

スマホ老眼は、年齢に関係なく若い人にも起こります。そのままにしておくと、加齢による老眼と同じような状態に進んでしまいます。

症状が起こってしまったら、早めに目のケアをして、生活習慣を改善しましょう。これをぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

-健康
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

腹式呼吸のやり方とその効果についてや、胸式呼吸との違いとは?

普段のお仕事で緊張状態が長くつづいたり、パソコンやスマホの画面をじっと見てばかりしていると、呼吸が浅くなりがちです。そんなときに深呼吸をしてみましょう。今回はリラックスさせるために腹式呼吸の深呼吸につ …

風呂に入るとなぜ疲れが取れるのでしょうか。その理由は?

たとえば、仕事から家に帰ってきて、もう疲労困憊とまでいかなくても、テレビを見てぐったりしてしまうくらい疲れた経験は何回もあると思います。 今日の仕事はハードだったので、疲れてもう家でなにもする気が起き …

no image

子供や幼児がインフルエンザ予防接種した後のお風呂や運動は大丈夫?

インフルエンザの予防注射をした後に、運動したりお風呂に入って大丈夫か心配ですね。そこで今回は、インフルエンザ予防接種後の過ごし方について説明しましょう。 スポンサーリンク 目次1 お風呂は大丈夫2 お …

ミネラルの多い食べ物や飲み物はコンビニでも手に入るのか調べてみました

現代人はミネラルの摂取が少ないと言われています。意識して取るようにしなければいけません。コンビニで売っている食品でも大丈夫かと思いますよね。そこで今回調べてみました。 スポンサーリンク 目次1 コンビ …

五十肩(四十肩)の治し方は?初期から完治にいたるまでの経験を話します。

腕を上げようとすると、激しい痛みがあり、上げることができない。どうやら五十肩(四十肩)になってしまったらしい。早く治まってほしい。そんな方へのアドバイスをします。経験上から少しでもお役に立てればと思い …