めきぞBOX

たったの2分58秒で読める日常のなるほど情報サイト

生活

1000万円を貯める方法を9つ紹介(サラリーマン向け 10年ちょっとかかるけど)

投稿日:

これから1000万円貯めたい、もしくは貯め続けているけどなかなか貯まらないという方は多いと思います。

そこで、管理人の経験上から話せる1000万円が貯まるコツや方法、考え方をお伝えします。10年ぐらいはかかる方法論ではありますが、参考になればと思います。

スポンサーリンク

キャッシュレスで買う

キャッシュレスで買い物をすることです。

キャッシュレスとはSUICAやクレジットカードのことです。これで支払うことです。たとえ100円の小さな買い物でもカードで支払うことです。

なぜなら、どれをいくら買ったのかが、デジタルのデータでわかるからです。

クレジットカードの場合は、カード会社のホームページにログオンして明細を見ることができます。

先月の分や2ヶ月前の分がわかるわけですから、派手なものを買ったかどうか、いつもより多めに買ったものがあるかどうか、など把握できるわけです。

そうすると今度気をつけよう、ということになるわけです。

そう言うと、クレジットカードで買い物すると、つい買いすぎちゃうんじゃないか、という反論もあります。それは次の項目で話しします。

一日で使う最低金額を決める

買いすぎを防止するのは、一日に使う金額を決めることです。

例えば通常一日に食料は800円以上は使わない、というふうに決めます。

スーパーのレジで支払いを済ませたら、レシートをきちんともらって、いくら払ったかをその場ですぐに確認します。

今日は1000円だったなー、明日は600円にしなきゃ・・・などプレッシャーをかけるのです。厳密に800円を守る必要はありません。800円に近づく努力をしましょう。そうすれば余計な出費をしないようになります。

ジュースなどは自動販売機で買わない

自動販売機でジュースや缶コーヒーを買わないことです。

買うときはスーパーやコンビニにすることです。データが残らないからです。自動販売機からレシートは発行されません。

そのうち自動販売機にいくら払ったかわからなくなるのです。そうするといつの間に自販機へ多額に貢いでいたことになってしまうのです。

ただ最近はSUICAや楽天EDYなどで買えたりする自販機も増えてきています。

一応パソコンやスマホを使ってカード会社のホームページに入って履歴データは入手できます。

ただやはり自販機は便利でお金を使いやすいものですし、第一、スーパーより値段高いです。やはり自販機は、なるべく避けることをおすすめします。

衝動買いをしない。

買い物でつい予定外のものを買うことは避けましょう。

余計な出費です。たまになら良いのですが、それが重なると大きな出費です。あらかじめ前もって買うものを決めてスーパーやコンビニへ行くことです。

スポンサーリンク

高い買い物はとことん調べまくる。

パソコンや電化製品、家具など高い買い物は、とことん調べまくって時間かけて、そしてようやく納得したら購入することです。

失敗して再購入は避けたいですね。高い買い物に納得して、長く使えれば、長期的には経済的にエコになるのです。

100円ショップは上手に活用する

100円ショップで十分なものは、そこで買うことです。

スーパーやドラックストア、ホームセンターと同等のもので100均のものがあれば、100均で購入します。

ただ明らかに100均のほうが品質が劣るものは避けましょう。

100均でおすすめできるもの、できないものについては、ネットで「100均 おすすめ」「100均 ダメなもの」で検索して調べましょう。

あと100均はつい買いすぎてしまうため、上限金額を決めることです。

家計簿は月1回の残高方式でOK

家計簿をつけることは必要です。毎日で無くても良いです。残高方式がいいです。給料日時点で次の計算をするのです。

貯金できた金額 = 先月の貯金高 +給料(収入)- 今月の貯金高

例えば、先月25日時点での貯金は100万円でした。給料手取りが20万円入ってきました。今月25日の貯金を数えたら、108万円でした。ということは貯金できたのは8万円で、支出は12万だったことがわかります。

これを毎月やります。そうすると月平均がわかり、無駄があったかどうかもわかりますし、計画も建てられます。

ボーナス入っても、特別な出費をしない

ボーナスが入ったら嬉しいですね。

ついご褒美に高いものを買う方もいると思います。

しかし、1000万円貯めたかったら、ボーナスが入ったからといって、いつも以上にお金を使うのはおすすめできないです。

当たり前の話ではありますが、ボーナス分は貯金のチャンスです。

もちろんどうしても欲しい物や、多少いつもよりお菓子を買っちゃったとか、仕方のない出費はしょうがありませんが、衝動買いに近い気持ちでボーナスからの大型の出費は避けたいものです。

実家に住む

実家に住むことです。

一人暮らしに比べれば、親御さんと一緒に住むと大幅な出費が抑えられます。社会人であれば家にお金を入れるという必要性(?)はありますが、食事も用意してくれるし、買い物や光熱費もかからない。

貯蓄にありがたいのが実家住まいです。

ただ番外編的な話です。いろいろな事情で現実的な話ではない方も、もちろんいることは承知です。ただ1000万円を達成するのに近道である点で、あえて紹介しました。

スポンサーリンク

-生活

執筆者:

関連記事

no image

朝型か夜型、あなたはどちらのタイプ?それよりもっと大事なこと

効率性や生産性を求め、早起きをして朝型の生活に切り替える人々が増加しています。 スポンサーリンク NHK放送文化研究所が2016年2月に発表した「国民生活時間調査」によると、平日の朝5時~7時15分に …

no image

カビの対策で部屋やお風呂で気を付けるべき4つのこと

カビで悩まされた方は多いと思います。どうすればカビを発生させずに済むのでしょうか?そこで今回は4つにわけて説明します。 スポンサーリンク 目次1 換気をこまめにしましょう2 掃除もこまめにしないとしな …

大掃除で必要な洗剤は100均グッズでまかなえるのをNHKさし旅で教わる

年末の恒例行事といえば大掃除ですね。でもやらなければと思いつつ、なかなかやる気が出ないこと多いですね。なぜやる気が出ないのか。 それはきちんとお掃除グッズをそろえていないからですね。グッズを揃えれば、 …

no image

しっかりやるべき洗濯槽を掃除する基本的3つのやり方

常日頃使っている洗濯機ですが、一番汚れているのが実は洗濯槽です。表面ではわからないので、槽を掃除はしない方は多いのではないでしょうか。しかし今後の洗濯ものの汚れの落ち具体に影響する大切な部分です。そこ …

割引(何%オフ)の計算を電卓でやる簡単な方法

お店に行って20%や30%割引の商品を見て、実際の金額を知りたい時ありますね。スマホの電卓アプリや実際の電卓ですぐにわかる簡単なやりかたを教えます。 スポンサーリンク やり方は2つあります 1980円 …