めきぞBOX

たったの2分58秒で読める日常のなるほど情報サイト

サービス

モバイルパスモにiphone版がないのはなぜ?2020年春サービス開始はAndroid版のみ

投稿日:

2020年の春からモバイルPASMOが、ついに登場します。ついに、というかやっと、という感じでしょうか。この発表があると歓喜の声が多く聞かれました。ただしです、対応するのはandroid端末のみです。それではなぜiPhone版は出ないのでしょうか。

スポンサーリンク

調整やアプリ開発が間に合わない?

PASMO側からは「iOSについては未定」と回答しているのにとどまっています。未定になっている理由は述べられていません。となると、憶測になりますが、理由は調整やアプリ開発に時間がかかっているため、というのが大方の見方です。

android端末はおサイフケータイを通すのに対し、iPhoneは、Apple Payを通すことになります。両者は仕組みが違います。Apple Payを通すには、アップルが定めるセキュリティーや技術の要件をきちんとクリアしている必要があります。

androidはめどが立ったため、先にやろうということでしょう。なにも起こらないよりマシですね。モバイルSUICAがあるのに、なぜPASMOはないのか?という不満の声は、前からありました。モバイルSUICAは2011年に始まっています。そして、ようやくモバイルPASMOが登場ということで、特に定期券の利用でのメリットが大きいですね。

東京メトロ、都営地下鉄のみ、バスのみ、私鉄のみの定期券の人は、カードだけでした。これでモバイルで定期券が使えますね。

ネット上では「やっとですね!」「Androidだけかよ」「Androidの方がなにかとフットワークは軽いってことなんでしょうかね」「モバイル決済の導入はノウハウがないと難しいから大変だったんでしょう」といろいろなコメントが見られます。

対応へ期待して待ちましょう

そのままずっとiPhone端末に対応しないで長い時間が過ぎていくことは、考えられません。日本はandroidよりiPhoneユーザーが多いことは皆さん知っています。時間はかかるかもしれませんが、いろいろな壁を超えて、きっと対応されることでしょう。頑張ってもらいたいですし、見守っていきたいものです。

具体的なサービス開始日などについては、3月初旬頃に発表されるとのことです。

スポンサーリンク

-サービス

執筆者:

関連記事

no image

AEDのレンタルやリースにかかる価格や費用とは?

最近はいろいろなところで、AED(自動体外式除細動器)を見かけることが多いです。停止してしまった心臓に電気的ショックを与えることによって、復活させようとするこの医療機器。リースやレンタルの価格とそのメ …

no image

バス特とは何?その計算とポイント確認についても説明しましょう

バス利用特典サービス。略して「バス特」といって、PASMOかSUICAを使ってバスに乗ると、お得になるサービスがあります。バスには、ほぼ乗らないから知らない、という方は多いかもしれません。 ポイントを …