めきぞBOX

たったの2分58秒で読める日常のなるほど情報サイト

ウォーキング

ウォーキングは何分ぐらいがちょうどいいの?

投稿日:

ウォーキングは30分から40分ぐらいがちょうどいいです。そのぐらいの時間でいいの?と思うかたもいるかもしれません。その理由を説明しましょう。

スポンサーリンク

初心者は30分ぐらいで

普段歩いていない人が、1時間以上歩くとなると、体に負担が大きいです。普段ウォーキングに慣れている、毎日歩いている人であれば、問題ありません。ある程度、足や腰などの筋力もついていて、心臓や肺も強くなっているからです。

しかし、初心者は文字通り始めたばかりですから、体が慣れていません。ウォーキングをやり始めて毎日歩いていたら、ふくらはぎを痛めてしまったという経験がある方もいるでしょう。そうならないためにも、初めはマイペースで、ゆっくりと30分ぐらいが良いです。

もし足を痛めてしまった場合は、無理せず休みましょう。回復してからまたウォーキングに再開すればいいのです。無理は禁物です。

慣れてきたら速く歩く

ウォーキングは手軽なものです。意地になってやる運動ではないので、もっと気軽にやることが大切です。家の周りを歩く。ちょっと図書館周辺へ行く。駅まで行って往復してみる。などなど軽い気持ちでよいのです。

慣れてきたら、ちょっと歩く速度を速めてみましょう。慣れるというのは、いつ頃のことをいうのか?という問題はありますが、これは個々によって違うので断定ができませんが、3週間程度を目安としましょう。

ただ速度を速めても無理はしないようにしましょう。くたくたになるのは避けたいですね。ウォーキングは続けることが大切ですので、いつもくたくただと、やがて嫌になってしまいますよ。

スポンサーリンク

長くも短くもないのが長さを自分で探そう

30~40分はウォーキングにはちょうどよい長さです。飽きない長さともいえます。20分だと短いです。よく言われるように、体のカロリー燃焼は歩いて20分ごろから始まると言いますが、燃焼始まるころにやめてしまうのはもったいないですね。

20分はだめということではありません。10分間でもカロリー消費はあると言われているので、短い時間でもウォーキングの効果は多少あります。極端なことをいうと、10分歩くことを、毎日やるだけでも違います。

逆に1時間以上というのは、前述したように、慣れていないうちは避けたほうが良いです。時間を延ばすのは、習慣づいた2か月ぐらい経験してからのほうがよいでしょう。

ウォーキングで大切なのは継続することなのです。始めは30分、慣れてきたら自分で適度な長さを見つけてみましょう。その際1時間だったらそれでもOKです。

スポンサーリンク

-ウォーキング
-, , ,

執筆者:

関連記事

ウォーキングをおすすめする7つの理由

ウォーキングは健康に良いのでおすすめです。この当たり前すぎる言葉に、まあそれはそうだね、当たり前じゃない?という声が聞こえてきそうです。 しかし、普段あまり歩いていない方が多くいることも事実で、体調が …

ウォーキングの効果はいつから出始めるのか?消費カロリーについても説明します。

さっそくはじめたウォーキング。やるからには効果はどうなのか、いつから効果を感じるのか知りたいですね。経験上から説明してみます。 スポンサーリンク

no image

ウォーキングが自律神経を整える効果があるの?

ウォーキングは自律神経を整えるに効果的です。でも本当に歩くだけなのに自律神経に良いのか疑問に思っている方もいるでしょうね。そこで今回はウォーキングが自律神経に良い効果ををもたらす理由を説明をしましょう …

ウォーキングをすると免疫力が高まって健康になるのはなぜ?

ウォーキングをすると免疫力をあげて、風邪などひかない体力にしたい。本当に病気にかかりづらい体になるのか疑問に思う人もいるかも知れません。 今回はウォーキングをすると免疫力上がる、という話です。これでウ …