めきぞBOX

たったの2分58秒で読める日常のなるほど情報サイト

健康

五十肩(四十肩)の治し方は?初期から完治にいたるまでの経験を話します。

投稿日:

腕を上げようとすると、激しい痛みがあり、上げることができない。どうやら五十肩(四十肩)になってしまったらしい。早く治まってほしい。そんな方へのアドバイスをします。経験上から少しでもお役に立てればと思います。

スポンサーリンク

症状に気づいたあの時

ある日、仕事で座りながら後ろに置いてあるものを取ろうと、左腕を後ろへ持っていったら、痛みが走りました。今でもその時は覚えています。いきなりです。いままでそんな症状はなかったのに、その時初めて痛みが出たのです。

最初は多少変な動きだったかもしれない、と思って、いずれおさまるだろうと思って、ほうっておいていました。

ところが日が経つにつれておさまるどころか、だんだんと痛みが大きくなり、腕を上げるのがつらくなってきました。服の着替えがしずらく、そして最悪なことに、腕が胸の位置あたりの高さまでしか、上がらなくなってしまったのです。

まずは病院へ行くこと

知人に症状を話すと、これはほぼ五十肩だと言われましたが、違う病気である可能性も考慮し、病院へ行くことにしました。整形外科です。

風邪で何度も通っている近く病院を、まさか五十肩でお世話になるとは想像していませんでした。先生からいろいろ腕を動かされて、痛い痛い言いながら診察をうけ、レントゲンも取りました。

レントゲン写真では特別なものは見られないということで、やはり五十肩であると言われました。

他の病気であれば、レントゲン写真では何かが写っているそうです。リハビリを進められましたが、湿布だけもらい、様子を見ることにしました。治るのに1年以上はかかるよ、湿布は気休めです、と言われましたね。

湿布貼りは気休めだけどおすすめ

病院から処方された湿布は、はやり気休めでした。残念ながらこれで治りはしませんでした。ただ、ないよりまし、です。あったほうが一時的には助かります。湿布はやらないよりやったほうがいいです。

ベッドで寝る時がつらかった

一番つらかったのは、夜中の睡眠です。体を横にすると痛みがでます。寝ていられません。対処法としては、肩とベッドの間にタオルをはさんでいました

体を仰向けにすると、肩が下に沈み、そのときに痛むのです。沈ませなければ、痛みはいくらか緩和するのです。完全に痛みがなくなるまで、そうやって寝ていました。

一番ひどかったときは、本当に痛くて寝られませんでしたね。痛くてしょうがなくて、寝不足になりました。2日ぐらいの短い経験で済みましたが。

コピー機の操作で激痛

会社で使うコピー機でコピー用紙がつまってしまう時がありますが、そのときに、がちゃがちゃ中を開けては閉めたりしたとき、おもわず力いっぱい操作したりすることがあります。

ときには何か誤ってコピー機の蓋などで、思わず手がはさまれそうになって、反射的に腕を引っ込めた時などで、激痛を起こしてしまうことが何回かありました。

体がうずくなるほどの激痛で、これも辛かったですね。この痛みは経験した人でないとわからないでしょうね。

スポンサーリンク

完治は1年ぐらい。気がついていたら治っていた

左肩を最初やって、1年後にやっと治ってきたと思ったら、今度は右肩をやりました。左のほうがひどく、右はそれほどでもなかったのですが、合計2年ぐらい付き合ってしまいました。

結局、リハビリもせず特別な治療もせず自然治療となりました。なんの変哲もない結論ですみません。ただ言えるのは「そのうち治る」、ということです。

まずは病院に行き、確実に五十肩あることを確認してください。リハビリは必要だと先生から言われて、そのとおりだと思ったら通えばよいでしょう。

あとは肩に負担をかけない、痛みが突然走らないように工夫して生活することです。右肩であれば、なるべく使わないで左腕で対処する、などです。

遺伝ではないようで・・

ちなみに五十肩は遺伝するのかと思って、両親に聞いてみたことがありますが、経験がないそうです。調べても遺伝するという話はないようです。五十肩はいまだ原因はわかっていませんが、すこしでもこの体験がお役に立てればと思います。

スポンサーリンク

-健康

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

子供や幼児がインフルエンザ予防接種した後のお風呂や運動は大丈夫?

インフルエンザの予防注射をした後に、運動したりお風呂に入って大丈夫か心配ですね。そこで今回は、インフルエンザ予防接種後の過ごし方について説明しましょう。 スポンサーリンク 目次1 お風呂は大丈夫2 お …

風呂に入るとなぜ疲れが取れるのでしょうか。その理由は?

たとえば、仕事から家に帰ってきて、もう疲労困憊とまでいかなくても、テレビを見てぐったりしてしまうくらい疲れた経験は何回もあると思います。 今日の仕事はハードだったので、疲れてもう家でなにもする気が起き …

no image

腹式呼吸のやり方とその効果についてや、胸式呼吸との違いとは?

普段のお仕事で緊張状態が長くつづいたり、パソコンやスマホの画面をじっと見てばかりしていると、呼吸が浅くなりがちです。そんなときに深呼吸をしてみましょう。今回はリラックスさせるために腹式呼吸の深呼吸につ …

水分補給の効果的な補給の仕方とは?病気の予防ためにも

人間に含まれる水分の量は体重全体の50~70%ほどといわれています。水分補給は大事だとよくいわれていますね。 不足すると命にかかわるほど水の補給はとても大切です。どうすれば水分を上手にとれるのでしょう …

no image

スマホ老眼の症状が出たときの改善や対策・予防の方法とは?

近年、スマホ老眼になっている方が多くなっています。物が見えづらいって、つらいですよね。 スマホ老眼は治したいし防ぎたいものです。しかし改善・予防する方法はあります。 今回はスマホ老眼を、改善したり、そ …