めきぞBOX

たったの2分58秒で読める日常のなるほど情報サイト

健康

風呂に入るとなぜ疲れが取れるのでしょうか。その理由は?

投稿日:2019年10月1日 更新日:

たとえば、仕事から家に帰ってきて、もう疲労困憊とまでいかなくても、テレビを見てぐったりしてしまうくらい疲れた経験は何回もあると思います。

今日の仕事はハードだったので、疲れてもう家でなにもする気が起きない。そんな時はお風呂の湯船につかってください。すると不思議なほど疲れがとれることが多いです。

今この記事を書いている自分も、風呂に上がった後に書いています。お風呂に入る前に比べて、気分が少しシャキッとしています。この効果はなぜなのでしょうか。

スポンサーリンク

理由1.体液が循環する

血液やリンパの流れが良くなります。血液の流れが良くなるということは、細胞が健やかになります。心の状態も安定します。イライラや不安が消えるわけです。血液サラサラがいいのと同じですね。

リンパの流れが良くなるということは、老廃物を外に出す動きが活発になることです。体に悪いわけないですね。

理由2.マッサージ効果

湯船につかると、お腹がへっこみますね。水圧がかかっているからなのですが、これは内臓にマッサージ効果がかかっていると言われています。

内蔵の働きを促進する効果があるわけですね。血液やリンパの良い流れにつながりますね。

理由3.リラックス効果

お湯に浮いているわけですから、それだけでもリラックス効果がありますね。仕事のこと、嫌なことなどは、その時はすっかり忘れられる、というわけです。

スポンサーリンク

最適な温度は?

夜の湯船は39℃や40℃ぐらいがいいでしょう。個人差はあります。熱いのが好きな人は、それを続けてもかまわないのでは、と思います。

適切な入り方は?

ぬるめは10分、熱めは20~30分という話もありますが、6~7分程度でも効果あると思います。そして少し贅沢かもしれませんが、なるべく毎日入ることですね。

毎日入る習慣にしたら、疲れだけでなく、慢性的な膝の痛みが良くなってきたという副効果もあります。

夏も湯船がおすすめ

夏は暑いですから、シャワーだけで済ます方も多いですが、疲労回復の面を見た場合、季節関係なくお風呂で湯船につかったほうが良いです。

シャワー派を否定するわけではありません。水道代の節約や時間短縮といったメリットはありますからね。

ただシャワー派の方でどうも疲れが取れないのであれば、一度湯船につかる期間を設けてみることをお勧めします。

スポンサーリンク

-健康
-, ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

スマホ老眼の症状が出たときの改善や対策・予防の方法とは?

近年、スマホ老眼になっている方が多くなっています。物が見えづらいって、つらいですよね。 スマホ老眼は治したいし防ぎたいものです。しかし改善・予防する方法はあります。 今回はスマホ老眼を、改善したり、そ …

五十肩(四十肩)の治し方は?初期から完治にいたるまでの経験を話します。

腕を上げようとすると、激しい痛みがあり、上げることができない。どうやら五十肩(四十肩)になってしまったらしい。早く治まってほしい。そんな方へのアドバイスをします。経験上から少しでもお役に立てればと思い …

no image

子供や幼児がインフルエンザ予防接種した後のお風呂や運動は大丈夫?

インフルエンザの予防注射をした後に、運動したりお風呂に入って大丈夫か心配ですね。そこで今回は、インフルエンザ予防接種後の過ごし方について説明しましょう。 スポンサーリンク 目次1 お風呂は大丈夫2 お …

ミネラルの多い食べ物や飲み物はコンビニでも手に入るのか調べてみました

現代人はミネラルの摂取が少ないと言われています。意識して取るようにしなければいけません。コンビニで売っている食品でも大丈夫かと思いますよね。そこで今回調べてみました。 スポンサーリンク 目次1 コンビ …

no image

腹式呼吸のやり方とその効果についてや、胸式呼吸との違いとは?

普段のお仕事で緊張状態が長くつづいたり、パソコンやスマホの画面をじっと見てばかりしていると、呼吸が浅くなりがちです。そんなときに深呼吸をしてみましょう。今回はリラックスさせるために腹式呼吸の深呼吸につ …